ローヤルゼリーで更年期障害と閉経が治った話

著者の研究所にある日のこと、四〇歳過ぎと思われる男性がやってきてローヤルゼリーを欲しいというので、分けてあげました。何度か訪れては、その都度、かなり多くのローヤルゼリーを求めるのです。

どこも悪そうではなく、むしろガッチリして丈夫そのものの感じでした。さしでがましいようでしたが、「どこか、体の調子でも悪いのですか」と聞いてみました。すると、その人は、「女房は三五歳だというのに、月経がないのです。なんとかしてやりたいと思い、ローヤルゼリーを飲ませているのです」と答えました。

そこで、「外国の文献には、閉止した月経がローヤルゼリーの服用によって再開すると発表されています。日本でもそのような例はいくつもあります。奥様の場合、まだまだお若いのですから復活は時間の問題ですよ」そういって慰めてあげました。「そうですか、これからも続けて飲ませてみましょう」その男性は、そう語っていました。

それから数力月ほどして、あのときの沈んだ顔の紳士が晴れ晴れとした顔つきで、「とうとう、月のものがあるようになりました。女房は、このとおり元気いっぱいです。今日は夫婦揃ってお礼にやってきました」いかにも喜びにあふれているといった感じでした。その後もたくさんのローヤルゼリーを求めました。聞くとご自分も用いているとのこと。

「青白かった顔色が赤みを帯びて、朗らかになってきました。女房ともども飲みつづけます」そういって快活に笑うのでした。このケースはまだ若く、ローヤルゼリーで月経が復活するのは当然と思っていました。ところが、東京、渋谷区の五三歳の女性からのお便りは私を驚かせました。というのは口ーヤルゼリーを飲みはじめたところ、三年前に止まっていた月経が再開したとのことです。

月経復活、生理不順がもとどおりになったなどの手紙、電話はよくいただきます。女性の場合、美容に関する感謝の便りが多いのですが、次のように若白髪が黒くなったといったケースもあります。「ローヤルゼリーを用いてから一年九ヵ月が過ぎました。

お医者にかかってもどうも体の調子がよくならず悩んでいました。私は、産後のちょっとした不注意から親知らずを抜いてしまっだのですが、それが原因なのか、寒気、微熱、耳鳴りなどがどうしても治らず職場に出ていくことが大変な毎日でした。それと、三〇歳ごろから若白髪が気になるほど出ていて毎日が憂うつでした。

たまたまローヤルゼリーの通販に関する本を読んで白髪が黒くなった体験談が目に止まりました。これにとても興味をもちローヤルゼリーを飲みはじめました。飲んで二ヵ月、寒気と微熱はいつしか忘れられるようになりましたが、耳鳴りのほうは思い出したように月に一回くらい感じられます。

私にとって嬉しいのは、一年くらい前から白髪の根元の部分や毛先だけですが黒いものを発見したことです。ローヤルゼリーを飲む前は白髪が気になり染めたこともありましたが、もう一年以上も染めることとは縁を切り、これが何よりの喜びです。

私の兄も四〇歳にならないのに白髪がひどく私のすすめで飲んでいます。友だちにもすすめて感謝されています。寝つきがよくなった、風邪を引いても熱が出ない、白髪が黒くなった、根気が続く、尿の出がよくなったなど喜びの声を聞くと嬉しくなります。一人でも多くの人が健康な毎日を過ごせることは大変喜ばしいことです」これは、長岡市に住む主婦の方からのお便りです。

結婚の条件をどのようにして決めるか

やはりスキのないフアッションは男性にはウケが悪いようです。寒いからとモコモコとセーターの厚着をしたり、動きやすいからと一年中パンツスタイルでいたりするのは、「男性を拒否しています」というサインにとられかねません。

男性にこびることが目的ではないものの、女性らしいふんわりした魅力を出さないのはもったいないことです。まずは、感情表現や見た目など、できるところから少しずつ女性らしさを出していってみてはいかがでしょう。

結婚相談所にいる? サパサパした「アネゴ系女子」

みなさんの周りには仕事が「ねえさん」と呼ばれる「アネゴ系女子」です。の最大の特徴は、向性ウケが抜群にいいということ。とくに同じ世代や年下の女性たちからは、なんでも話せる頼りになる「ねえさん」として慕われています。

年下の男性からも尊敬されている場合も多く、本人も世話を焼くのが嫌いではないために、頼まれ事には誠意を持って応えようとします。

「アネゴ系女子」このように、サバサパしていながら人情味もあって、向性ウケもいいはずの「仲人は見た! なかなか結婚できないタイプの人たち 3ネゴ系女子」ですが、こと結婚となると話は別。結婚はおろか恋愛についても直近の話はあまり出ず、聞いたことがあるのは学生の頃の話や遠い昔のことばかり。

いつしか、結婚相談所に関する話題を彼女たちに持ちかけるのはタブl、といった雰囲気が流れるようになってしまいます。「アネゴ系女子」が結婚と縁遠い理由は、女性であることを想像しにくいからです。前述の「スキなし女子」にも似ている部分がありますが、「アネゴ系女子」は快活な分だけ余計に性的なイメージがわきにくいものです。

実際、男まさりなキャラクターの「アネゴ系女子」キスをしたりと手をつないでデ1トをしたり、といった想像を膨らませるのはなかなか難しいことだと思いませんか?

「アネゴ系女子」の持っているサパサパしたイメージを、家庭の妻に変換し直して考えることも男性には困難なこと。仕事場でキピキピと働く「アネゴ系女子」であれば、家に帰ってもパキパキと仕切られてしまいそうだ、と考える男性が多いのです。

それでも、かわいげのあるタイプの「アネゴ系女子」は人気もあり、年齢を重ねてからも結婚できるケlスは珍しくありません。パートナーが外国人だったりして、周りを驚かせる場合もあります。やっかいなのは、「アネゴ系女子」をこじらせているタイプです。

「ねえさん、ねえさん」ともてはやされるあまり、自分でも男っぽく振る舞うことが板についっかえないなl」「オマエたちも頑張れ」など、まるで男性の先輩や上司のような口ぶりで接するために、完全に女性てしまった女性たちのことです。